お客さま本位の業務運営に関する取組方針

お客さま本位の業務運営に関する取組方針

1.お客様本位の業務運営に関する方針の策定・公表

当社は、「幸せの創造」というミッションを掲げ、お客さま一人ひとりが望む幸せな生涯の実現を目指し、お客さま本位の業務運営に努めてまいります。
また、より良い業務運営を実現するため、その取組状況を定期的に確認するとともに、必要に応じて取組方針の見直しを図ってまいります。
加えて、当該方針及び定着を測る指標として、「生命保険契約継続率」「意向確認の記録との点検」「お客様の声件数」「社員研修回数とその内容」の4つを定め、お客様本位の業務運営を推進してまいります。

2.最適な保険商品のご提案

当社は、複数の保険会社の商品を取り扱う保険代理店として、法令等を遵守し、以下の事項を徹底するよう努めてまいります。

【具体的な取組内容】

①常にお客様の立場に立ったライフプランニングやリスクマネジメントを通じて、お客様のご意向を的確に把握し、そのご意向に沿った最適なプランがご提案できるよう努めてまいります。

②お客様のご意向に沿った保険商品を可能な限りお届けするため、さまざまな保険商品を取り揃えています。そして、各保険会社の商品を独自に分析し比較推奨方針を策定しており、お客様のご意向に沿った保険商品をわかりやすくご提案することに注力しています。

③「意向確認シート」を作成することでお客様のご意向と提案商品の関係を記録することで適切な提案を行ってまいります。

④変額保険・外貨建て保険・資産形成商品などについては、お客様の適合性を慎重に確認の上、内容や仕組みに加え金融情勢の変動により生じるリスクに関して十分な説明に努めます。

⑤上記特定保険商品等で発生する運用関係費用や保険関係費用についても、わかりやすく丁寧に説明いたします。

⑥高齢者の募集については一般的に高齢になるほど判断能力の低下等が生じることを踏まえ、70歳以上のお客様が保険商品にご加入される際には、原則ご家族の同席・同意をお願いする等ご加入の意思確認をより丁寧に行うよう努めてまいります。また、取扱各社の高齢者募集ルール一覧表作成の上、そのルールを遵守してまいります。

3.利益相反の適切な管理

お客さまの利益が不当に害されることのないよう、お客さまとのお取引を適切に把握・管理するための体制を整備し、お客さまの利益を保護するよう努めてまいります。

【具体的な取組内容】

①コンプライアンス担当が「意向確認シート」を点検することで、適切な募集が行われているかを検証します。

②必要に応じて営業社員にヒアリングの上、適切な募集が行われていたかどうかの検証を行います。

4.お客様の声を経営に活かす取組

当社は、お客様からお寄せいただく「お客様の声」を真摯に受けとめ、社内で共有し業務運営の改善に努めてまいります。

【具体的な取組内容】

①当社は、お客様から寄せられたご不満、ご要望、お褒め等を「お客様の声」として真摯に受けとめ、その「お客様の声」に誠実かつ迅速に対応してまいります。

②また、これらの「お客様の声」を月度ごとに分析し、研修等で全社員にて情報共有することで、適切に業務運営に反映してまいります。

5.社員に対する適切な動機づけの枠組み等

全社員が常にお客さま目線を持ち、お客さま本位の業務運営を行うよう、研修その他の動機づけの枠組みやガバナンス態勢について適切に整備するよう努めてまいります。

【具体的な取組内容】

①「経営理念」や「お客様本位の業務運営に関する取組方針」の浸透に向け、会議・研修等で繰返しテーマとして取り上げることに加え、全役員・社員が常時携行するファイルで閲覧、確認ができる等の取組を行ってまいります。

②役員・社員に対し、取扱保険会社の協力のもと商品の専門知識や販売マナー等に関する教育研修を実施し、募集品質の向上に努めてまいります。

2019年7月1日:制定
2021年4月1日:改訂
2021年10月1日:改訂


株式会社 ファイナンスブレーン


ホームへ戻る

PAGE TOP